バイオリスニング

 

バイオリスニング

http://www.eigoden.co.jp/bio/

バイオリスニングは、ヘッドホンを使ったリスニングのトレーニングマシン。バイオリスニングを通して英語の音声を聞くだけで、自然にリスニング力が鍛えられ英語耳が作られます。

日本語と英語の周波数の違い

バイオリスニングは、それ自体が英語の教材というわけではなく、音声に特殊な処理がかけられる機械。バイオリスニングで英語を聞くことによって英語を聞き取る力が養われるという優れたマシンで、徳島大学知能情報工学科の赤松則男教授によって開発されました。具体的には、バイオリスニングでは、聞こえてくる音声のうち特定の周波数の音を強化して聞くことができます。日本語は母音が多い低周波音域の音が中心ですが、英語は子音が多い高周波音域の音が中心。日本人は高周波の音を聞くのに慣れていないため、高周波音域の英語を聞いても言語として認識できず、雑音にしか聞こえないのです。バイオリスニングを通して英語を聞くと、高周波の音を強調して聞くことができるので、日本人の耳にも聞き取りやすくなります。バイオリスニングの使い方は簡単。テレビやラジオ、CDなどをバイオリスニング本体に接続するだけ。あとはヘッドホンをバイオリスニング本体につなげば音声を聞くことができます。教材として使う音源は何でもOK。自分のお気に入りの映画や音楽を使って英語学習ができます。

英語耳を作る強化機能

バイオリスニングでは、高周波数帯の強調の程度を3段階に切り替えることができるので、習熟度に応じた調整も可能です。また、バイオリスニングには右耳強化機能も付いています。右耳は左脳に直結しており、右耳の聴覚を優先させることで左脳の言語中枢での英語の処理能力が高まるのです。バイオリスニングを使って1日1時間程度トレーニングすることで、ほとんどの人が10日前後で効果を実感しています。さらに使い続けると、どんどん英語を聞く耳が鍛えられていくことでしょう。

バイオリスニングは既に持っている英語教材のCDとも併用することができ、これによりますます英語の学習効果が高まります。

つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿