日常英会話の学習法

 

日常英会話の学習法

英語力の目安として日常英会話程度というのがよく言われます。日常英会話とはどこまでを言うのか、また、日常英会話を身に付けるにはどのようにすればいいのかを考えてみました。

日常英会話とは?

英会話を初めて学習するときの目標として、「日常英会話くらいはできるようになりたい」というのが一般的だと思います。求人広告でも、応募者に求める条件として「日常英会話程度の英語力」と書かれていることがしばしばあります。このように日常英会話という言葉はよく使われますが、そもそも日常英会話とはいったい何なのか、どのくらいのレベルの会話なのか疑問に思う人もいるでしょう。日常英会話とは、日常の用が足せるくらいの会話です。どこに住んでいても、日常生活を送る上で、普通にしないといけないことってありますよね。例えば、買物に行って欲しいものを買ったり、銀行に行ってお金の出し入れをしたりといったことはできなければ困ります。他の人と出会ってあいさつしたり、世間話をしたりする場面もよくあります。また、困ったことがあったら誰かにたずねる必要も出てきます。日常英会話とは、このような場面で必要な会話、つまり、英語圏で暮らしていくのに不自由しない会話です。難しい専門用語は知らなくてもかまいませんが、自分の意思を相手に正確に伝えられる力は必要ということになります。

日常英会話をマスターするには

日常英会話を身に付けるコツは、実際に日常英会話をしてみることです。日常英会話の本もたくさん出ていますが、文字で読んでいるだけでは絶対に話せるようにはなりません。特に日常英会話の場合は「習うより慣れろ」で、間違いを恐れず、覚えたフレーズをどんどん使ってみるのが効果的です。コミュニケーションの目的は、自分の言いたいことをきちんと伝えること。それには、とにかく頭で考えていることをアウトプットする訓練が必要なのです。英語で会話するには、英語を話す友人を作るのがいちばん手っ取り早いので、外国人が集まる場所に積極的に出かけていき、友達を作るようにしましょう。英会話スクールを利用したり、英会話カフェに行ってみるのもよいと思います。それ以外の方法として、英語で日記をつけてみるというのも役立ちます。簡単な内容でいいので、その日にあったことや考えたことを書いてみて、言いたいことを英語で表現するトレーニングをしましょう。英語の日記はノートに書いてみるのでもかまいませんし、勇気を出してブログで公開してみるというのもおすすめです。公開すれば読んだ人からアドバイスがもらえるので、非常に学習の役に立ちます。短い日記でも毎日続ければ、英会話力が飛躍的にアップします。

英語で自分の言いたいことを表現するのに、難しい単語は必要ありません。なるべく簡単な単語を使って言いたいことを伝えるよう工夫することで日常英会話力がつきます。

つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿