英語の発音をマスターするには

 

英語の発音をマスターするには

英語の発音が苦手で、カタカナ英語から抜け出さないという悩みを持っている人もたくさんいます。英語の発音を身につけるにはどのような学習をすればよいでしょうか?

英語の発音には神経質にならない

英語の発音が苦手だといういう人は多いのではないでしょうか?自分の英語の発音に自信がなくて、英語を口にする勇気がない人もいるんじゃないかと思います。確かに英語には日本語にない音があります。日本語にない音は、ちょっと練習したところでなかなか正確には発音できないと思います。では、どうすれば英語の発音がマスターできるかですが、結論から言うと、英語の発音に関してはあまり神経質になる必要はありません。英語の発音は無理にマスターしようと考えないほうがいいと思います。そもそも、英語というのは世界中のかなり広い地域で話されており、地域的な特色が強い言語です。例えば、同じ単語でも国によって発音が違うこともよくあります。また、世界的に見ると、英語を話している人というのは、実は英語を母国語としない人の方が多いのです。英語が母国語でない人は、普通はそれほどきちんとした英語が話せませんから、発音がおかしいなどというのはごく当たり前のことなのです。少なくとも、我々の英語の発音が少々おかしいくらいで、コミュニケーションが取れないというとはありません。英語はまず口に出すことが大切です。カタカナ英語であれ何であれ、口にしないことにはコミュニケーションは始まらないのです。

シャドーイングしてみよう

英語の発音はあまり気にしなくていいと言っても、やはりきれいな発音で話せるようになりたいという人は多いと思います。英語の正しい発音を身につけるには、シャドーイングが効果的です。シャドーイングというのは、耳で聞いた英文を影のように追いかけながら口に出していくトレーニング方法です。英語というのは単語を1つ1つ区切って発音する言葉ではありません。そのため、英語の発音をマスターするには、1つ1つの単語の発音を練習するのではなく、いくつかの単語のまとまりで練習するのが良いのです。シャドーイングすることにより、英語独特の間の取り方やイントネーションに慣れ、英語らしい発音ができるようになります。シャドーイングは慣れないうちは難しいと思いますので、初心者はスクリプトを見ながら、聞こえてくる英文を0.5秒遅れくらいでマネしましょう。慣れてくればスクリプトなしで練習するのが良いと思います。英語は1つ1つの単語の発音が正確なことよりも、全体としてのイントネーションの方が大切なのです。

英語の単語の発音は前や後に来る単語によって少しずつ変わります。シャドーイングすることにより、英語の音の変化にも慣れ、英語らしい発音ができるようになります。

つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿