ビジネス英会話の学習法

 

ビジネス英会話の学習法

国際化に伴い、日本にいても英語で仕事をしなければならない場面が増えてきました。仕事上必要なビジネス英会話は、どのようにして身に付けるのが効果的でしょうか?

慣用表現の多いビジネス英会話

英会話を学習するきっかけとして、仕事上の必要に迫られてという人もたくさんいると思います。例えば、会社に外国人がいて英語で会話をしなければならなかったり、海外に電話をして英語で商談をしなければならないといったケースが考えられます。そういう場合は、ビジネス英会話を身に付ける必要があります。ビジネス英会話とは、英語で仕事の話ができるレベルの会話です。と言っても具体的にイメージできないかもしれませんので、日本の会社で普通に働く場合のことを思い出してみてください。日本語でも、普段のおしゃべりと会社で話す言葉は違います。例えば、電話がかかってきたときの受け応え1つとっても、会社ではそれなりの電話応対が必要ですよね。これは会社で働いたことがない人にはなかなかできませんから、新入社員は電話応対やお客さんに対する言葉の使い方の研修を受けたりします。同様に、英語でもビジネスで使われる慣用的な表現があります。こうした慣用表現は、どんな業界でもオールマイティです。ビジネス英会話では、まずこうした慣用表現を覚えて行くことが大切です。それに加えて、それぞれの業界でよく使われる専門用語を覚えていくようにしましょう。

仕事をしながら覚える

ビジネス英会話というのは、一般に、スクールへ行って覚えるよりもOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)重視と考えられています。ビジネスの現場では、上手な英語を使うことが目的ではなく、仕事を片付けるのが目的です。仕事をするのにいろいろな道具を使うと思いますが、英語もそういった道具の1つです。道具の使い方は、仕事をしながら覚えるのが普通ですよね。それに、仕事で英語が必要な場合、スクールに通って勉強している時間はそうそうありません。と言っても、会社でいつまでも英語が話せずもたもたしていれば自分の評価も下がってしまいますし、できるだけ早くビジネス英会話をマスターしたいという人は多いでしょう。そういう人は、スクールで開講されているビジネス英会話講座やビジネス英会話のトレーニング教材を補助的に利用するのも良いでしょう。講座や教材はOJTをサポートするものです。まずは仕事をしながらビジネス英会話に慣れるようにしましょう。

ビジネスの相手と会話するときも、仕事の本題に入る前に軽い世間話をするはずです。ビジネス英会話を覚える前に、まず日常英会話を勉強しておきましょう。

つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿