英会話と文法

 

英会話と文法

英語に興味があるけれど、英語の文法がどうも苦手だという人もいると思います。英会話を学習する上で、英文法に関する知識は必要なのでしょうか?

英文法は知っておいた方がいい

外国語を勉強する場合、多くの人がいちばん戸惑ってしまうのは文法でしょう。日本語というのはかなり文法的に特殊な言語なので、外国語の勉強をする場合には、違和感を感じてしまうと思います。我々日本人の多くは、中学、高校と英語を学んでいるので、ある程度は英語を見たり聞いたりするのに慣れているはずです。しかし、学校の授業で英語の文法になじめなかったため、英語に対して苦手意識を持っていて、自分は英語アレルギーだと思っている人も多いんじゃないでしょうか?ネイティブの子どもは、英語を覚えるとき、文法など意識していなくても、周りの人の話す英語を聞いているだけで話せるようになります。これと同様、我々も英文法など知らなくても英会話ができるようになるのではと考える人もいるかもしれません。もしそうなら、英文法など気にせず、ただ英語を聞いていれば英会話がマスターできるということになります。しかし、それは大きな間違いです。我々はずっと日本語を使って生活してきており、日本語で考える習慣がついています。日本語の思考回路が出来上がってしまっている状態で、いくら英語を聞いても、英語が話せるようにはなりません。だからこそ、英語の文法を知っておく必要があるのです。英語で話すには英語で考えなければならないと言われることもありますが、ずっと日本語しか使ってこなかった人間が、最初から英語で考えるのは難しいと思います。英語の文法を知っていれば、頭に浮かんだ日本語を英語に直すことができます。最初はそれでかまいません。英語に慣れてくれば、だんだんと英語で考えながら話すことができるようになります。

中学英語をおさらいしよう

英会話をマスターするには、最低でも中学レベルの文法知識は必要です。最初から仮定法までは知らなくても何とかなりますが、過去形や過去分詞形は日常英会話でも必要になってきます。中学英語を忘れてしまったという人は、一通りおさらいしてから英会話の勉強に取り掛かることをおすすめします。中学で習う英文法がまとめられた本はたくさんありますので、1冊手元に置いておくとよいでしょう。英会話の例文を見たり聞いたりしたとき、なぜそのような文になるのかわからなければ、こまめに参照すると良いでしょう。

英語の文法を知っていた方が、早く英会話をマスターできます。最低でも中学で習う英語の文法については押さえておいた方がよいでしょう。

つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿